So-net無料ブログ作成

Windows 7 ベータ版 [Windows]

Windows7のベータ版が一般公開され、インターネット上のあちこちに記事が掲載されています。Vistaよりも評価が高いようですが、実際のところどうなんでしょう?ということで、私もベータ版を取得してインストールしてみることにします。
いつも使用しているパソコンにインストールする訳にもいかないので、仮想環境(VMware)上にインストールします。

使用感

VMware上にインストールしたため、レスポンスなどの速度に関しては、よく分らなかったですが、
それほどもっさり感はなかったです。
ディスク上のフォルダがWindowsXPとは異なっており、システムフォルダーが"Windows"で、ユーザーフォルダーが"Users"になっており、Windows XPに比べると整理されていて好感がもてます。(ひょっとして、Vistaもこうなのかな?)
また、ユーティリティーとして付箋があったり、ガジェットとしてCPUやメモリの状況が示すものがあったりと、アクセサリも増えていました。
ユーザーインターフェイスは、Vistaとあまり代わり映えがないですね。普通にWindowsだなぁって感じです。
マイコンピューターの詳細設定でパフォーマンス優先にすると、Windows2000のようなダイアログになり、余計なエフェクトを消すことができます。
ただ、タスクバーをクラシックにする方法が分りませんでした。ひょっとして出来ないのかな?クラシックのスタートメニューが使いやすいのになぁ。
OSとしての機能は、何が変わったんだろう? 今度調べてみよう。


インストール
  1. Windows7ベータ版のダウンロード
  2. まずは、Widdows7ベータ版をダウンロードします。ダウンロードするには、Windows Live IDが必要になり、以下のURLに、IEを使用してアクセスします。ActiveXを使用しているためかIE以外では、ダウンロードできませんでした。(FireFoxなどのIEプラグインでは試していません。)
    無事ダウンロードページが表示されると、プロダクトキーが表示されるため、印刷かテキストファイルなどにメモして保存しておきます。今回ダウンロードしたものは、32Bit版です。
    ダウンロードファイルは、サイズが2.46GBあるISO形式のファイルになります。

    Windows 7: ベータ版ダウンロード

  3. VMwareの仮想環境を用意
  4. VMware Server等で、VMwareの仮想環境を作成します。
    仮想環境作成時の仮想マシンは、以下のようにしました。

    Operating SystemOther(Version:Other)
    メモリ1Gbyte
    HDD8GByte
    CD/DVD DriveダウンロードしたISOファイルを指定

    VMware Server ダウンロード
    (無償のシリアル番号を取得する必要があります。)

  5. 仮想環境へインストール
  6. 上記で作成した仮想マシンを起動することで、起動することでWindwos7のインストールが始まります。
    インストールの途中で、プロダクトキーを入力する必要があります。
    インストール自体は、1時間かからずに無事終了しました。
    ただし、仮想環境のネットワークアダプタのドライバが、存在しないためネットワークには、
    接続できませんでした。そのため、アクティベートが出来ない状態です。
    この状態でいつまで使用できるんだろう?




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます