So-net無料ブログ作成

EclipseでGlassFish [Java]

Java EE の開発環境としてNetBeansを利用する例は、沢山見かけるけど、Eclipseを利用する例は、あまりない。あっても、情報が古い。
なので、少し古い情報であるOracleの寺田さんのプログの「GlassFishとEclipseの連携方法について」を参考にして、現時点での最新版を利用して環境構築をしてみた。

利用するもの
  • Eclipse Kepler(4.3.2) Eclipse IDE for Java EE Developers
  • GlassFish Server Open Source Edition 4.0 (Multilingual)

前提
  • GlassFish 4.0は、インストール済みである事。
  • Eclipseは、インストール済みである事。

手順
  1. GlassFish用のJava EEサーバー・アダプタの追加及び起動
  2. Java EEプロジェクトの作成
  3. サンプルソースの作成及び実行

1.GlassFish用のJava EEサーバー・アダプタの追加


「Server」パースペクティブを追加する。
Eclipseのメニューより[Window] -> [Open Perspective] -> [Other...]と選択し、パースペクティブ選択ウィンドウを開き、「Java EE (default)」を選択する。
Eclipse_1.jpg

「Server」パースペクティブにGlassFishを追加する。
「Server」パースペクティブから、右クリックで[新規] -> [Server]と選択し、新規サーバーの選択ウィンドウを開く。
Eclipse_2.jpg
Eclipse_3.jpg

このウィンドウの右上の「Download additional server adapters」のリンクを押下すると「Install New Extension」ウィンドウが開くので、「GlassFish Tools」を選択する。
Eclipse_4.jpg

ライセンス確認画面後、ダウンロードしてインストールする旨の確認ダイアログが表示され、インストール後に、Eclipseを再起動する旨のダイアログが表示される。
Eclipse_5.jpg
Eclipse_6.jpg
Eclipse_7.jpg

再起動後、再度「Server」パースペクティブから、右クリックで[新規] -> [Server]と選択し、新規サーバーの選択ウィンドウを開くとGlassFishが選択肢に表示されているので選択する。
Eclipse_8.jpg

「Next >」ボタンを押下するとこのServerの名前とGlassFishをインストールした場所を指定する項目が表示される為、それぞれ入力する。
Eclipse_9.jpg

さらに、「Next >」ボタンを押下するとGlassFishのドメインの場所と管理者のユーザーID、パスワードを指定する項目が表示される。GlassFishをインストールした直後の場合、ドメインの場所は、初期値のままでよく、管理者のユーザーIDは「admin」、パスワードは無しとなっている。
それぞれ入力して、「Finish」ボタンを押下する事で「Server」パースペクティブにGlassFishサーバーが表示される。
Eclipse_10.jpg
Eclipse_11.jpg

GlassFishサーバーを起動する。

「Server」パースペクティブのGlassFishサーバーを選択し、右上のスタートボタンを押下する事で、サーバーが起動する。
Eclipse_12.jpg

2.Java EEプロジェクトの作成


新規プロジェクトを作成する。

Java EEプロジェクトを作成する。
プロジェクトエクスプローラーの右クリックから[New] -> [Enterprise Application Project]を選択し、新規プロジェクトのダイアログにプロジェクト名を入力する。
Eclipse_13.jpg
Eclipse_14.jpg
Eclipse_15.jpg

動的Webプロジェクトを追加する。

作成したJavaEEプロジェクトに、動的Webプロジェクトを追加する。
プロジェクトエクスプローラーの右クリックから[New] -> [Dynamic Web Project]を選択し、新規プロジェクトのダイアログにプロジェクト名を入力し、「Add project to an EAR」チェクボックスにチェックを行い、「EAR project name」に上記で作成したJava EEプロジェクトのプロジェクト名を入力する。
Eclipse_16.jpg
Eclipse_17.jpg
Eclipse_18.jpg

3.サンプルソースの作成及び実行


RESTアプリの作成

JAX-RSを利用した超簡単なRESTアプリを作成する。
以下のJavaソースを作成する。

Hello.java
package sample;

import javax.ws.rs.GET;
import javax.ws.rs.Path;
import javax.ws.rs.Produces;

@Path("hello")
public class Hello {

    @GET
    @Produces("text/plain")
    public String getHello(){
        return "Hello.";
    }
}


MyApp.java
package sample;

import javax.ws.rs.core.Application;
import javax.ws.rs.ApplicationPath;

@ApplicationPath("/rest")
public class MyApp extends Application {

}

Eclipse_19.jpg

アプリの実行

動的Webプロジェクトを右クリックし、[Run As] -> [Run on Server]を選択する。
Eclipse_20.jpg

実行するサーバーを選択するダイアログが表示されるので、GlassFishサーバーを選択する。
Eclipse_21.jpg

WWWブラウザからアクセスすることで、作成したアプリを動かすことができる。
今回の例では、「http://localhost:8080/SampleWeb/rest/hello」にアクセスすると「Hello.」が表示される。
Eclipse_22.jpg



かなり駆け足での説明となったが、Eclipseでもそれほど労力をかけずに、GlassFishサーバーとの連携を行う事ができた。

参考URL
参考図書
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

師子乃

こんばんは。

勉強させていただきます!
by 師子乃 (2018-12-05 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Raspberry Pi のケースを自作|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます