So-net無料ブログ作成

FreeBSDへの3TBHDDの追加 [FreeBSD]

3TBのHDDが1万円程になってきたので、1個程購入し追加した時の備忘録
・環境
M/BIntel D525MW
HDDSeagate ST3000DM001
OSFreeBSD 8.3-RELEASE

・HDDを接続
ada1として認識された。
# dmesg
ada1 at ahcich1 bus 0 scbus1 target 0 lun 0
ada1: ATA-8 SATA 3.x device
ada1: 300.000MB/s transfers (SATA 2.x, UDMA6, PIO 8192bytes)
ada1: Command Queueing enabled
ada1: 2861588MB (5860533168 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)

・パーテーションの作成
3TBのHDDでは、MBR形式のパーテーションを作成する事が出来ない為、
GPT形式のパーテーションを作成する。
# gpart create -s GPT ada1
ada1 created

# gpart show ada1
=> 34 5860533101 ada1 GPT (2.7T)
34 5860533101 - free - (2.7T)

・BSDパーテーションの作成
一つのHDD丸ごと1つをBSDパーテーションとする。
4kセクタのアライメントを揃える為に-aオプションを付けたが、
このオプションについての詳細な説明が記載されているHPを見た事がない。
# gpart add -a 4k -t freebsd-ufs ada1
ada1p1 added

# gpart show ada1
=> 34 5860533101 ada1 GPT (2.7T)
34 6 - free - (3.0k)
40 5860533088 1 freebsd-ufs (2.7T)
5860533128 7 - free - (3.5k)

# ls /dev/ada1*
/dev/ada1 /dev/ada1p1

・ファイルシステムの作成
# newfs -U /dev/ada1p1

・マウント確認
# mount /dev/ada1p1 /mnt
# umount /mnt

・fstabへの記述
# vi /etc/fstab

・/etc/fstabの内容
# Device Mountpoint FStype Options Dump Pass#
/dev/ada0s1b none swap sw 0 0
/dev/ada0s1a / ufs rw 1 1
/dev/ada0s1e /tmp ufs rw 2 2
/dev/ada0s1f /usr ufs rw 2 2
/dev/ada0s1d /var ufs rw 2 2
/dev/ada1p1 /usr/local/data ufs rw 2 2


Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW

Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: Personal Computers






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます