So-net無料ブログ作成

各種コーディックのインストール -ports編- [FreeBSD]

FreeBSDで、PT2で録画したTSファイルをエンコードする為に
動画関係のコーディックをインストールしていきます。
C3(600MHz)のEDENなPCでは、1時間番組が17時間程かかってしまい、
実用的ではなかったので・・・。

方針としてportsにて最新版が提供されているものは、
portsでインストールし、最新版でないものはソースからコンパイルすることにしました。

portsでインストールしたもの
コーディックバージョン公式ページportsの場所
mp3lame3.98.2http://lame.sourceforge.net//usr/ports/audio/lame
faac1.28http://www.audiocoding.com/faac.html/usr/ports/audio/faac
faad22.7http://www.audiocoding.com/faad2.html/usr/ports/audio/faad
xvid1.2.2http://www.xvid.org//usr/ports/multimedia/xvid
Ogg1.1.4http://www.xiph.org//usr/ports/audio/libogg
Vorbis1.2.3http://www.vorbis.com//usr/ports/audio/libvorbis

ソースからコンパイルしたもの
コーディックバージョン公式ページ
x264http://www.videolan.org/developers/x264.html
Theora1.1.1http://www.theora.org/
opencode-amr0.1.2http://sourceforge.net/projects/opencore-amr/

まずは、最新のportsを取得します。
> fetch ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/ports/ports.tar.gz
# tar -zxvf ./ports.tar.gz -C /usr/

/usr/ports がシンボリックリンクだった場合は、シンボリックリンクを上書きしてしまうので、
他のディレクトリに解凍した後に、mvコマンドで移動する方が良いようです。

portsからのインストールは、portsディレクトリに移動し、
rootになって、make、make install、make cleanの三点セットで、
インストールします。
オプションを選択する必要のあるものもありますが、
基本的にデフォルトでインストールします。
# cd [portsディレクトリ]
# make
# make install
# make clean

インストールに失敗し、オプションを選択し直したい場合は、
以下のディレクトリにあるportsに該当するディレクトリを削除します。
/var/db/ports

portsからのインストールは、非常に楽でした。
次回以降、いろいろと苦労したソースからのコンパイルをお届けします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます