So-net無料ブログ作成

PT2で録画するものの・・・

せっかく早々に手に入れたPT2ですが、Linuxのドライバが無いので、誰かが作ってくれないかなぁと
しばらく放置していました。
しかし、PT2Windowsドライバのソース公開が行われていない為かなかなか出てこない。
自分で解析してドライバを作成するには敷居が高いので、とりあえず、Windowsで使用することに方針を変更。

PT2を挿しているPCは、かなり昔のMINI-ITXであるVIAのEPIA-ME6000。
載っているCPUは、C3(600MHz)という代物。
録画だけであれば、それほど性能はいらないとの記事をどこかで読んだので、
大丈夫だべと思い早速環境を作成。
BonDriverとかTvTestとかTvRockとかTvRecとかを導入し、いざ録画開始。

録画が開始されるととたんに動作が激重に!
CPU使用率を見ると100% 張り付き状態。
なんとなく嫌な予感を感じながら10分-程で録画を終了。

さすがに再生には性能不足なので、別のPC(Athron64x2 なマシン)で再生してみると、
ノイズどころか何かが写っている事が認識できる程度の映像しかなく、
とても見れたものではありませんでした。
録画にもそれなりにCPU性能が必要らしい。(デコード処理が重いのかな?)

ということで、OSをWindowsからLinuxに変えたところで、PC性能が足りないのであれば、
大きな差は無いと思われ、PT2で常時通電状態の録画PCを作成するには、
マザーボードから買い換える必要があることが判明しました・・・。

省電力及びパーツの流用を考えると、MINI-ITXということになりますが、
最近のマザーボードは、24Pinのメインコネクタ+4PinのCPU用コネクタが必要とされ、
電源も買い換える必要があり、なかなかに出費がかかりそう。
さてどうしたものか・・・。

以下のものが妥当かなぁ。

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス





タグ:C3 mini-ITX PT2 ME6000

PT2 ゲット! [Linux]

一部で、大変な人気になっているアースソフトのPT2をゲットしました。

日経Linux 2009年8月号の特集「ついに実現 Linuxで作る地デジ録画サーバー」を読んで、
PT1もしくは、HDUSを購入を検討していたところ、PT1の後継PT2が発売されるとの情報が!
滅多に見ない2chをチェックし、つぶやき(Twitter)に聞き耳を立て、
8月の下旬にソフマップで、全額前金で予約完了。
それが、やっと今週の火曜日(10/6)に届きました。
(どうやら初回出荷分2200枚の内の一枚だったらしい)

いろいろな情報では、PT1とPT2の差は、チューナーモジュールぐらいとの事だったので、
PT1のLinuxドライバで動くだろうと考え、早速、前述の雑誌のとおりに
PT1ドライバを導入しPT2を接続。

しかし、Linuxを起動するも、PT2が認識せず。

アースソフトのドライバ材料ファイルを眺めると、PT1とPT2では、デバイスIDが異なっていたので、
ドライバソースのデバイスIDをPT2のものに書き換え、再度導入したところ、認識しました。

が、認識したものの、付属の録画ツールrecpt1 で録画しようとしても、
「Cannot tune to the specified channel」とメッセージが表示され
まったく録画できず。
logを見てみると「PT1:ISDB-T LOCK NG(00000000)」が記録されており、
ソースを見てみると、デバイスドライバで出しているメッセージのようす。

どうやら、簡単にはLinuxでは動かないらしい。
とりあえず、しばらくは退屈しなさそうだ。
(・・・誰か、ドライバ作ってくれないかなぁ。・・・)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます