So-net無料ブログ作成

Windows VistaとFreeBSDのデュアルブート [FreeBSD]

  • 前段
  • メインマシンで使用しているWindows XPの起動が、最近遅くなってきたので、
    OSの入れ替えをすることにしました。

    一瞬、Windows 7の購入を考えましたが、値段が高いので、
    XPを購入した時のアップグレード権で手に入れたVistaを
    今更ながら導入しました。

    Vistaは、遅い、重いと大変不評なOSだったので、今まで興味はありませんでしたが、
    今一度、Wikipediaなどで調べると、UI(Windowsエアロ)の描画処理が
    GPUで処理されていたり、過去の起動時情報から起動時のパフォーマンスを
    あげる仕組みなど、それなりによさそうなことが書いてある。
    マシンのスペックさえ満足していれば、XPとと同様かそれ以上になりそう。
    また、FreeBSDの8.0が、RC3まで出ていて今月中には、RELEASE版が出そうなので、
    どうせなら、デュアルブートなマシンにしてみることにしました。

  • Windows Vistaのインストール
  • Vistaのインストールディスクから起動してインストールしようとしましたが、
    XP上からセットアップを起動しないとインストールできないらしい。
    (OEMのアップグレードパッケージなのでしょうがないか・・・)
    まっさらな状態のHDDからインストールしたかったので、
    XPを新規インストールし、そこからVistaをインストール。
    結構面倒でした。

  • FreeBSD 8.0-RC3のインストール
  • FreeBSD 8.0-RC3のDVDイメージをDVD-Rに焼いて、それからインストール。
    Windows VistaとFreeBSD のデュアルブートにするので、
    FreeBSD の Boot ManagerをMBRに設定してインストール。

  • 問題発生
  • XPまでのWindowsでは、これで素直にデュアルブートな環境ができていました。
    しかし、Vista以降ではWindowsの起動プロセスが変わったようで、
    Vistaが起動できません。
    エラーメッセージが表示されVistaのインストールディスクから修復しろいわれます。
    メッセージのとおり、修復を行いましたが、なにやら修復が失敗したらしく、
    起動時にパーティーションがありませんとエラーが発生するようになってしまいました。
    PLoP Boot Managerを使用して、Vistaをインストールしたパーティションから
    起動してみてもエラーが表示されて起動できませんでした。
    Ubuntu 9.04のLiveディスクで起動し、付属のGPartedで状態をみてみると、
    パーティーションが無い状態になっていました。

  • 原因
  • どうやら、MBRを壊してしまったようです。
    その後、WEB上でいろいろと調べると、以下のことがわかりました。

    • MBRに書き込まれるVistaのブートローダは、XP以前のものとは異なる事。
    • Vistaは、MBRにIDを書き込んでおり、起動時に参照している事。

    で、デュアルブートにするには、以下の三つの方法があるようです。

    1. Vistaのブートローダを使用してFreeBSDを起動する。
    2. GRUBをMBRにインストールして起動する。
    3. Vistaの起動時にMBRのIDを参照しないようにする。

    2.は、GRUBのサイズが小さく、Vistaの参照しているIDの位置まで書き換えられないため、
    Vistaが起動するようです。
    なんとなく、運任せな方法な気がするので、1か3の方法を取ることにします。

  • リトライ
  • とりあえず、XP→Vistaをインストールし、FreeBSDをMBRを書き換えないように
    インストールします。
    これで、PC起動するとVistaが起動するかと思ったらFreeBSDが起動 !?

    何で?

    どうやら、Vistaのパーティーションのbootフラグが落ちていました。
    PLoP Boot Manager で、Vistaのパーティションを選択して起動すると
    正常に起動しました。
    GPartedで、VistaとFreeBSDのパーティションのbootフラグを見ると、
    FreeBSDがついており、Vistaはついていなかったので、
    FreeBSDをはずし、Vistaにつけると
    正常にVistaが立ち上がるようになりました。

    あとは、上記の1または3の方法でデュアルブート環境にするだけです。
    もしくは、PLoP Boot Managerで選択するようにしてもいいかなぁ。
    とりあえず、今回はここまで。

  • 参考



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。